LINEで送る

インプラントのセルフケア方法

歯

インプラント治療を受けたら、適切なセルフケアを行いインプラントを維持していくことが必要になります。きちんとしたセルフケアを怠ると歯の周りの骨や歯茎が歯周病になる場合があります。この病気はインプラント周囲炎といわれ、骨や歯茎が痩せることで、将来的にインプラントを失ってしまうことにつながります。天然の歯とインプラントとは歯茎の構造が違うため、一度歯周病になってしまうと急激に悪化してしまうという特徴があります。セルフケアのポイントをきちんと守り、歯を維持していくことが必要です。セルフケアの基本は歯磨きです。歯ブラシは力が入り過ぎないように親指と人差し指と中指の3本で持つようにするのがポイントです。この方法は汚れが残りやすい歯と歯の間や、歯と歯茎の間を磨くのに適した方法であり、歯周病の原因となる細菌をきれいに落とすことが出来ます。歯磨き粉はたくさんつけたほうが効果的なように感じますが、つけるのは米粒大くらいが基本です。つけすぎてしまうと歯磨き粉に含まれる成分により過剰な爽快感を感じるようになり、歯磨きが短時間になってしまう傾向があります。磨き忘れがないようにするポイントとしては、磨く順番を決めておくことです。上あごから歯並びに沿って一周するように磨くことを決めておくと磨き残しがしにくくなります。

 

↑PAGE TOP