LINEで送る

インプラントの治療とは

歯

インプラント治療とは、歯科治療の1種です。虫歯や、そのほか何らかの理由で、なくなってしまった歯列をよみがえらせるための治療方法で、近年注目されている方法です。一番のメリットは、まわりの歯を削らなくて済むことです。ブリッジという治療の場合、1本の歯を失ったら両側の2本の歯に金具をひっかけ歯列を構成するため、周りの歯への負担があります。インプラントの場合は、歯茎に土台を作って、その上に人口の歯になる部分をかぶせる治療となるため、残された歯への負担がとても少ないのです。

 

インプラントと差し歯の違い

差し歯とインプラントはよく混同されますが、実際には全く違う治療法です。差し歯は、歯が残っている状態で、歯の上の方に被せ物をする治療法です。これに対してインプラントは、歯がない状態のところに、歯茎にねじを埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療法です。元々歯があるかないかで、どちらの治療法を選ぶかが決まってきます。差し歯よりも継ぎ目などがない分、見た目は本物の歯と違いが分からないという審美的な利点もあります。

↑PAGE TOP